CATEGORY

YEAR

2021.12.21

BLOG

社員インタビュー①コンサルティング営業 渡辺有香さん

ストリームラインで働く社員に、担当する仕事内容とその面白味・やりがい、入社理由などをインタビューしました。

コンサルティング営業部 第一グループ マネージャー / 渡辺有香さん
2020年入社 

現在担当している仕事について教えてください。

営業部のプレイングマネージャーとして自身の営業・資料の構成業務とチームメンバーの営業・構成フォローをしています。営業はアウトバウンドはないので、問い合わせしていただいたお客様に対してサービス説明をしたり、御見積を提出したりして、契約に至った場合は構成の作成を対応しています。

構成については、伝えたい内容をどういうストーリーの流れでどんな言葉を使うとより伝わりやすいかという点を意識して作成しています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さについて教えてもらえますか?

一番のやりがいや醍醐味はお客様から言いたいことをきれいに整理できたと言ってもらえた時です。また営業として数字の達成にもやりがいを感じています。自分の生産性を高めて数多く構成をこなして、営業目標を達成できるとうれしいです。

構成業務では、お客様を通じて様々なビジネスを知ることができるのが面白いなと感じています。インプットした情報を論理だてて理解して、整理してアウトプットすることもこの仕事の面白さです。

仕事にまつわるエピソードがあれば教えてください。

ある研修会社の営業資料作りを支援させていただいた際のエピソードです。

社長から直接お問合せをいただいたのですが、社長ご自身で作った営業資料は思いがたくさんこもっていたので、文字数が多く、読むのが大変な資料でした。社長が知り合いの会社に資料を送ったところ、その会社の担当者から「いい研修だと思うけど資料さえよければもっと売れるのに」と言われたことがきっかけでストリームラインに問合せをいただいたそうです。

実際に研修内容や社長のビジョン自体はとてもよいものだったので、単純に文字を割愛するのではなく、思いや良さが社長ご自身の言葉で伝わるように資料を作りました。

結果、社長から内容に満足したという言葉を頂いたうえ、新しい資料で営業がスムーズになったというお話を伺い、とても嬉しく感じました。

ストリームラインの入社理由を教えてください。

資料作りが好きだったので、企画構成をするのが楽しそうだと思い入社を決めました。また面接で話した梶山さんと政本さん印象がとてもロジカルな雰囲気で、成熟した組織の印象だったのにも魅力を感じました。顧客満足を最優先にしたサービスの提供という明確な目的があることも好印象を持ちました。

仕事をするうえで一番大事にしていることは何ですか?

お客様が成果を出すため最良の資料をつくることです。こちらがベストだと思う構成を提出することはもちろん当たり前ですが、資料を使うのはお客様なので、一方的に押し付けずどんなシーンでどうやってお客様が利用するのかをしっかり理解して、そのうえで成果を出すためにはどういう構成が最良なのか考えて作るように心がけています。

ストリームラインの魅力や気にいっているところはどんなところですか?

社員全員が無駄のない効率的な仕事の進め方をしていて、コミュニケーションがスムーズなところです。お客様のために最善の資料を作るという目的が共通しているところもいいと思います。自分が注目されるためにこんなデザインをした、構成をしたみたいな人はいないので、仕事を進めやすいです。

一日のスケジュール

日によって異なりますが、だいたい私は朝早めにスタートすることが多いです。

8~8時半
業務開始

~11時
構成作成(ここまでの時間はアポが入らないので構成対応しています)     

11~16時
商談、見積作成、メール対応、メンバーの見積、構成チェック

16時以降
構成対応(ここもアポがあまり入らないので、構成対応をします)


休日の過ごし方を教えてください。

はまっているのは筋トレです笑
休日片方は必ずトレーニングしてます笑
もう片方は趣味のフルートを吹きにいったり、平日たまった家事をしたりしてます。

5年後の自分はどうなっていると思いますか?今後の展望があれば教えてほしいです。

資料作成の構成のスキルはかなり属人的で、自分が仕事を覚えるのはOJTが中心でした。これをもっと体系化してストリームラインとして外部に発信したり販売しりするようなお手伝いができたらと思います。





他の社員インタビューはこちら

●コンサルティング営業 南田さん
●デザイナー 小川さん
●デザイナー 室井さん

CATEGORY