CATEGORY

YEAR

2020.03.22

BLOG

第4期を終えて

先月、創業から丸4年が経ち、
社員が気を遣ってくれて、オフィスで軽いお祝いをしました。

祝福の言葉をお寄せいただいたお取引先の皆さま、在宅パートナーの皆さま、
準備をしてくれた社員のみんな、本当にありがとうございました。

積み重ねてきたことが報われた瞬間でした。

株式会社ストリームラインは早くも5期目に入りました。
会社設立以来この4年間、創業事業の資料作成代行サービスの提供・改善に集中してきました。

その結果、約450社に及ぶお客様の資料の課題解決を図ることができ、
その間には優秀な社員が集まり、資料作成に関するスキル・知見も大幅に向上しました。

会社の基盤作りの期間と位置付けた創業初期は、
概ね仮説通りに物事が運び、大きな失敗もなく、財務状況も健全な、
比較的順調と言える歩みだったかと思います。

サービスをご利用いただき、時にご意見をくださったお客様や、
創業期をともに戦った社員には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、以下はこれからの話です。

「比較的順調」と表現しましたが、4年経った今、満足感は1ミリもありません。

創業時にイメージしたゴールは、いまだにはるか遠くのぼんやりとしたイメージのままです。
1年を追うごとに、残された時間の猶予に焦りが募ります。

昨年の11月に社員全員で話し合って、経営理念の意味や言葉遣いを再検討しました。

「コミュニケーションの合理化で、ビジネスを進化させる。」

有意義な議論の末、創業の原点や今の心境、事業環境と照らし合わせても、
一点の曇りもない理念に生まれ変わりました。

コミュニケーションの非合理を解消して、企業の生産性向上に寄与する。
そのために、まずは資料の非合理を解消する。

自分の一生を捧げるに値する使命は、年々クリアになっていきます。

ただ、現時点の達成度合いの感覚は1%未満です。

日本中のお客様に価値を提供するためには、
サービスのさらなる改善、組織の拡大、マーケティング強化などの既存の取り組みのほかに、コスト構造改革や新規サービス開発といった新たな取り組みにも着手し、全体を強烈に加速させていかなければなりません。

ストリームラインは、最低限の基盤が整ったこの5期目を成長加速に向けた足掛かりの年にします。

ぼんやりのイメージを具体的かつ期日を伴った目標に変え、
そこからの逆算で事業活動を設計する、当たり前の経営を確立します。

コロナショックにより、先行き不透明の真っ只中ではありますが、
1年先送りにしたところで、1年後、やるべきことは何も変わっていないはずです。

逆風に負けず、今年度は攻める一年にしていきます。

 

代表取締役 梶山洋二

CATEGORY

YEAR