CATEGORY

YEAR

2021.04.13

BLOG

第5期を終えて

2月末にストリームラインは5期目を終え、 6期目に入りました。

このブログで「成長加速に向けた足掛かりの年にする」と掲げた5期目は、 コロナの影響と終始向き合う1年となりましたが、 幸いなことにマイナスの影響は小さく、無事に5期連続の増収を果たし、 次の成長に向けた準備も着々と進めることができました。

採用活動の積極化により、優秀かつカルチャーフィットするメンバーが続々と集い、 少数精鋭を維持したままの組織作りが大きく前進しました。

昨年秋には大がかりな新3ヵ年事業戦略の策定に着手し、 全社員を巻き込みながら分析・議論を進め、 4月頭、2021年度経営計画として社員に向けて発表を行いました。

事業の基礎作りを徹底した創業5年とは異なり、 今期を起点にした新3ヵ年では、いよいよ戦略的な事業拡大に踏み出していきます。

事業戦略や会社のステージが変われば、それに合わせて組織のありようも変えていく必要がありますが、 先日発表した経営計画では、新3ヵ年の組織変革方針として、 以下のBefore(創業5年)&After(新3ヵ年)の内容を共有しました。


1.「競争力の源泉は属人的能力」⇒「組織としての能力に立脚」
2.「創業の初期衝動で推進」⇒「共通目的のために自走する共同体」
3.「経営者の直感中心」⇒「顧客基点でPDCAを合理的に回すシステム」
4.「1人経営、現場介入」⇒「権限を移譲し、ルールで管理」


前期より、役員陣が実務においても圧倒的に中心であった状態から、 メンバーが中心の組織に移行をしています。
この流れをさらに加速し、個ではなくチームとして力を発揮し、 お客様に安定した価値を届けていく組織体に進化していきます。

ストリームラインのチームとしての一番の長所は、フラットな関係性だと考えています。
意見をするにあたって、年齢も立場も関係ありません。

その長所を大切にして、メンバーの意見を広く集めながら意思決定を行い、 経営方針を明確に示し、メンバーに任せ、必要に応じて後方支援する、 という経営スタンスで今期も臨んでいきます。

今期も新たな仲間を積極的に募集していきます。

まずは資料作成代行業界のリーディングカンパニーとして、 自他ともに認める存在を目指して、 サービスや組織の強化に邁進してまいります。


代表取締役 梶山洋二

CATEGORY

YEAR