CATEGORY

YEAR

2021.12.21

BLOG

社員インタビュー③デザイナー 小川さん

ストリームラインで働く社員に、担当する仕事内容とその面白味・やりがい、入社理由などをインタビューしました。

制作部 デザイナー / 小川さん
2021年入社 

現在担当している仕事について教えてください。

営業資料から採用説明資料、ホワイトペーパー、決算説明会資料まであらゆるビジネス資料のデザイン制作を担当しています。制作前にお客様にデザインの要件ヒアリングを行い、ご要望や目的に見合う資料のデザインを心掛けています。他にも外部パートナーへの制作ディレクションや、デザイン制作から納品までの進行管理も行っています。また、最近は弊社ウェブサイトのUI・UXの改修などのマーケティング業務にも一部携わっています。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さについて教えてもらえますか?

一番のやりがいや醍醐味は、お客様からクオリティの高い資料が出来て大変満足というお声をいただくことです。お客様の伝えたいことをいかに図解やイラストなどを駆使して分かりやすく伝わる資料にするかと考えることにやりがいや面白さを感じます。

ストリームラインの入社理由を教えてください。

前職でブランディングデザイナーとして10年働く中でデザイン提案資料を沢山作成してきたので、これまでの自身の経験や知見が生かせる職場だと思ったからです。

また、リモートなどの柔軟な働き方ができる点、会社のミッションが明確かつ顧客目線の質の高いサービスを提供している点も大きな魅力でした。

仕事をするうえで一番大事にしていることは何ですか?

順番をつけるのは難しいのですが、仕事をするうえで大事にしていることは2つあります。

1つめは、お客様が資料と通じて何を伝えたいのかをしっかり把握することです。
2つめは、チーム内のコミュニケーションです。
普段リモートなので、意識してコミュニケーションをとるようにしています。些細なことでも話し合うことがお互いの理解や信頼につながり、仕事もしやすくなると考えています。

ストリームラインの魅力や気にいっているところはどんなところですか?

入社してから約1年となりますが、当社のお客様のニーズに徹底的に拘り、妥協しない姿勢に大変共感しています。
社長の梶山さんから、仕事の進め方や成果物のクオリティに関し、時に厳しいご指摘をいただくこともありますが、いずれも的確で理に適ったものであり、日々自分自身の足りない部分や改善すべき点に気づかされます。

ストリームラインの魅力は、メンバー全員が自律していて、プロ意識が高く、仕事に対して真摯に向き合う姿勢を持っている点です。自主的に勉強会を立ち上げたり、向上心が高い人が多いので刺激になっています。年齢や役職など関係なく意見を言い合えるフラットな組織であること、やる気があれば新しい業務にも挑戦できる社風なども気にいっています。フルリモートなどの柔軟な働き方が可能なのも、子どもがいる私にとっては本当にありがたいです。

一日のスケジュール

9:00
業務開始 メールチェック、デザイン作業

12:00-13:00
昼食

13:00
デザイン作業・パートナーさんからあがってきたデザインチェック、社内外打合せ

18:30頃
子どもの食事準備のため中断

20:00
残っている業務を処理し、終業

休日の過ごし方を教えてください。

気の合う友人や家族と美味しい食事をとってリラックスすることを大事にしています。普段あまり行くことのない街をぶらぶら散策して、面白そうなお店やカフェに入ってみたりすることも好きです。

5年後の自分はどうなっていると思いますか?今後の展望があれば教えてほしいです。

色々なデザイン業務を経験してきた中で、今の私が一番興味があるのは、情報を視覚化するビジュアルコンテンツです。企画から構成、表現まで一環して作成し、それを定期発信できるようにしたいです。

また、これまでの職場では、制作の労働環境は不規則で長時間労働なところが多く、優秀な女性デザイナーが出産などのタイミングで辞めてしまうのを多く見てきました。若いデザイナーが「ずっとデザインの仕事を続けること」ができる環境づくりもお手伝いしていきたいです。

CATEGORY